ブランド品を誰かに買い取り

結局はブランド物というのは誰かに買い取りしてもらったほうが総合的にはお得なの

ブランド物は誰かに買取してもらったほうがいいのかということ

減価償却という話があるのはご存知でしょうか?

 

これは簡単に言うと簿記的な話になるんですが、小難しい話は一切せずに説明すると、
物の勝ちというのはどんどんどん下がっていきますよね。

 

だからそれを損失的な感じでとらえて、
仮に10000円の物が1年で1000円価値が下がっていくとしたら、どれぐらいの時点で売ったほうがお得なのか?
という話になるのです。

 

例えば、3年目で売ったとすると、それは7000円の価値があります。
しかしそれをブランディアやブランドゥールなどのブランド 買い取り、ブランドバッグ買取店に持って行ったとしても

 

それはそんなに高い価格は付きません。

 

なぜならば、7000円というのは市場的価値、つまり販売した時にこのぐらいの価格になりますよーというのが指標ですから、ブランド買い取り店は7000円で買い取りしてしますと、

 

非常に高い損失が出てしまいます。プラスマイナス0円だろと思われるかもしれませんが、7000円の物を7000円で服 売るしてしまった場合には7000えんのブランド物はどんどん日ごとに価値が下がっていきますので、7000円の物は8000円で売らないと利益が付きません。

 

しかし問題になるのが、8000円だろうが、何だろうが、7000円というのが市場価値なので、それは非常に難しいです。

 

特にネットという世界で売っている場合には。

 

ド田舎で8000円で売るというのは非常に簡単です。

 

沖縄で東京の物を打ったり、

 

沖縄の下を東京で売ったりするときにはある程度値段が高く設定されるというのがそれに当たりますね。

 

つまり、服買い取りは値段は低く設定されているんはもう当たり前なのですよ

ホーム RSS購読 サイトマップ